わんこの生活環境改善に絶対必要な2つのこと

わんこの快適生活を追求するうえで
すご―――――く大切なのが気温管理と
湿度管理。

気温は暑い寒いの一般的な指標なので
割とわかりやすいですが

湿度は意識しないと気にならないかも。

私は(年齢のせいもあって)眼が乾きやすく
お肌も身体ものすごく乾燥しているので
湿度が低いとしんどいです。

そのため、部屋の湿度管理には神経質ですが
室外や電車、店内までは管理できないので
冬から春の乾燥するシーズンは非常に辛く
眼が開けられなくなることもしばしば。
(顔はひび割れます)

これはわんこも同じこと。

特に高齢で身体の水分量が低下している
わんこにはまさに死活問題です。
(おおげさじゃなく)

本当は気温の上昇する夏場に湿度が低く
気温が低下する冬場に湿度は高いのが
理想ですが
日本は全くの逆じゃないですか!
困ったものです。

一番過ごす時間が長い室内だけでも
快適な気温・湿度にしてあげてください。
(お願いします)

わんこが快適と感じる気温や湿度は
ほぼ人と同じです。

気温18℃~22℃
湿度40%~60%

この範囲内になるべく収まるように
しかも
気温が低かったら加湿する
気温が高かったら除湿する。

ぜひ心がけてください。

そうすると、どんないいことがあるか?

「わんこの呼吸が楽になる」
気温・湿度が不快だと、ハァハァした呼吸
(パンティング)をすることがあります。

湿度が高すぎるとゼロゼロした痰が絡んだ咳

湿度が低すぎるとケホッケホッという乾いた
咳や、おっさんが(失礼)痰を切るみたいに
カッカッぺーってすることがあります。

「皮膚や体内の水分を適切に
維持しやすくなる」

身体の水分量ってすごく大切です。

体調管理=水分管理
と言ってもいいくらいです。

また詳しくお話しますね!


続きはまた明日。

関連記事

  1. たくさん食べると大柄なわんこになるの?

  2. 犬のフィラリア症の復習です

  3. 犬にあって人にない瞬膜って?

  4. 膵臓って何やってるの?② 膵臓の内分泌について!

  5. わんこの皮膚用・秘密のクリーム♡

  6. 胆汁って何なのさ?

PAGE TOP