フィラリアの予防期間、地域によってどうして違うの?

昨日はフィラリアがどういう過程で
犬に感染するかをお話しました。
フィラリアってどうやって感染するの?

今日は、予防薬を飲む時期は地域によって
違うけど、なんで???というお話。

それは、地域によってHDUが違うから。

HDUとは?
(Heartworm Development heat Unit)

フィラリアに感染した犬から蚊が吸血と
ともに取り込んだ幼虫(mf)が成長し
犬に感染できるステージの幼虫(L3)に
成長するために必要な温度を算出し
犬に感染可能になる期間を
予測する方法です。

まず、「1日の平均気温-14」
(→1日HDU)を計算し
それをずーっと足し算していきます。
(1日HDUがマイナスのときは0とします)

その足し算の合計が130を超えた日が
感染する可能性が出て来る日です。

感染する可能性がなくなる日は
直近の30日間の1日HDUの合計が
130を下回った日です。

このHDUを目安に予防期間を決めて
いるため、地域によって時期が
ずれるわけです。

私の住む神奈川県藤沢市の2017年の
気温データを元に計算してみましょう。

「1日HDU=平均気温-14」ですから
初めて平均気温が14℃を超えた
4月14日から計算を始めてみます。

14日 15℃-14=1
15日 17.8℃-14=3.8
16日 17.9℃-14=3.9
17日 16.5℃-14=2.5
18日 18.4℃-14=4.4 ...

この計算をずーっと続けていって
赤い数字の合計が130を超えたら
蚊の中でフィラリアの幼虫が犬に
感染できるステージ(L3)に
成長できるわけです。

この計算を続けたところ
130を超えた日は
2017年度は5月20日でした。

今年の平均気温が初めて14℃を
超えた日から計算を開始すれば
130を超える日がわかりますね。

それで、30日間の1日HDUの合計が
130を切った日が、蚊の中でフィラリアの
幼虫が犬に感染できるステージに
成長できなくなる日です。

ただ、知っておいてほしいのは

HDUの合計が130を超えた日から
慌てて予防薬を飲ませる
必要はないということと、

30日間のHDUの合計が
130を切ったから、それ以降はもう
予防薬を飲ませなくていい
ということではないということ。

その理由は次回お話します!

予防薬をいつからいつまで飲ませるか?
というのは非常に重要です。

ですから、予防薬の投与は獣医師の
指示をしっかり受けてくださいね。

続きはまた明日。

関連記事

  1. わんこと陰陽五行分類!

  2. ノミによるアレルギー性皮膚炎!

  3. わんこしっこ、どんな匂い?

  4. シニア犬こそお散歩が大切

  5. マンソン裂頭条虫ってなんなの?

  6. 「おなか痛いよー」のわんこサイン

セミナー情報

最近のブログ

カレンダー

2018年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP