犬にあって人にない瞬膜って?

人にはない「瞬膜」って知ってますか?
第三眼瞼とも言いますね。

犬や猫が瞬きをする時に
ほんの一瞬だけ目頭のほうにチラッと
見える白っぽい膜のことです。

あと、寝ている犬や猫を無理やり
起こした時や、寝起き時
ちょっとの間出ていたりもしますね。

目を閉じている時には
瞬膜は角膜を覆っています。
(角膜→目の一番表面の透明で頑丈な膜)
なので、瞬膜とまぶたが二重に角膜を
覆っていることになります。

瞬膜の根本の部分、外からは見えない
目頭の奥の方には
瞬膜腺(第三眼瞼腺)という涙を分泌する
腺があります。

瞬膜が角膜を覆う時には
分泌された涙が角膜上に広がって
目を潤して乾燥を防いでくれたり

瞬膜の動きによって
角膜上にくっついたゴミや異物が
取り除かれます。

犬や猫の目のシステムの方が
人よりも優れていそうですね。

瞬膜は犬や猫の体調が悪いときには
出っぱなしになることがあります。

(ウィルスや寄生虫などの感染症では
両目の瞬膜が出っぱなしになり
目のトラブルではそちら側の目の瞬膜が
出っぱなしになる傾向があります。)

目の状態もよく見てあげてくださいね。

続きはまた明日。

関連記事

  1. マダニの一生:オスとメスの違い

  2. 感染ってなに?知ってるようで知らないかも!

  3. 中獣医学による治療とは?

  4. わんこのオナラ、臭くない?

  5. 膵臓って何やってるの?② 膵臓の内分泌について!

  6. インスリンってなんなのさ?

セミナー情報

最近のブログ

カレンダー

2018年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
PAGE TOP