ノミによるアレルギー性皮膚炎!

「ノミアレルギー性皮膚炎」って
聞いたことありますか?

ノミの分泌する唾液が原因で起こる
犬のアレルギー性疾患です。

ノミは吸血する際、細長い針のような
口吻を動物の皮膚に刺し入れますが
この時、吸血するだけでなく
自分の分泌物を動物の体内に
注入しています。
注入されるの、嫌ですよね。
これがアレルギーの原因となります。

アレルギーの発生には
ノミの寄生数は関係がなくて
寄生が1匹でも症状が出る場合があるし
100匹でも症状が出ないこともあります。

一番の症状は「痒み」です。
症状が出てくる場所は
だいたい決まっていて

腰からお尻にかけての背部
太ももの外側
お腹から内股にかけての部分です。


その部分が脱毛したり
丘疹(直径が1cm以下のできもの)が
できたりしてひどく痒がります。

特に夏から冬にかけて症状が
ひどくなりやすいです。

病変部の炎症をとったり
痒みを抑えたりすることも大切ですが
一番重要なのはノミの駆除です。

寄生している成虫のノミはもちろん
環境中に潜んでいる卵・幼虫・蛹の
駆除も忘れないでくださいね。

また、野生動物や自由に暮らしている
猫ちゃんたちからノミがピョーンと
移動してくることもありますので
注意してください!

ノミの跳躍力は体の100~200倍とも
言われています。
よさそうな獲物がいれば
一気に跳ねて移動してきます。

このようにノミは
アレルギーの原因になったり
昨日お話した瓜実条虫を媒介したりするので
瓜実条虫ってなんなの?
やはり、予防が大切ですね。

ノミの生態についてもよかったら読んでね!
ノミに詳しくなろう!

続きはまた明日。

関連記事

  1. わんこの生活環境改善に絶対必要な2つのこと

  2. わんこの顔色よいですか?

  3. わんこサインを見逃すな!

  4. 甘味をくれ~!牛肉をくれ~!

  5. マダニのすごい技に負けるな!

  6. 知ってるようで知らない、ウイルスと細菌の違い

PAGE TOP