教え子にもらった優しい言葉~ペットロス

ある年の春に
最愛のわんこがお空へ旅立ちました。
松本城の桜が満開の頃でした。

当時は、専門学校の動物看護師学科で
講師をしていたので

教え子も周囲の先生方も
これ以上ないほどの理解を示してくれて
本当にありがたいと思いました。

グリーフケア(ペットロスケア)の講義も
担当していたのですが

自分の気持ちを切り離して
客観的な講義を行うことが
その年は少々苦痛だったのを憶えています。

何年か経って
担任していたクラスの最終登校日に
ある生徒が近づいてきて
意を決したように話してくれたんです。

「 先生、変な風に思わないでね。
別に信じなくてもいいからね。

でも、どうしても伝えたいことがあって。

先生が教室に来て講義している時
いつも黒い犬が先生のそばにいたよ。

今もいるよ。」

嬉しかったな~。

黒いラブラドールのそら。

一緒にいてくれたんだね。
ありがとう。

そして、それを伝えてくれた教え子に
感謝です。

続きはまた明日。

関連記事

  1. シニア犬パーティー、プレ開催しました!

  2. 理解されにくい悲しみなのです~ペットロス

  3. 生き物は必ず死を迎えるってわかってるけど… ペットロスのお…

セミナー情報

最近のブログ

カレンダー

2018年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
PAGE TOP