犬の皮膚の治療!クレイの使用

熟女シーズーいろはは
様々なアレルギー、膿皮症、脂漏症
全身性アカラス症などを併発しており
食事療法や腸内細菌叢を整えたり
薬浴(薬剤ではなく自然のモノ)することで
皮膚の状態が見違えるほど
よくなったのですが

数か月に一度くらいの割合で
皮膚の痒みが強くなることがあります。

今回は右の後ろ足の付根付近に痒みがあり
舐めたり噛んだりして
炎症を起こし、出血もありました。

写真1枚目:1日目夜。
だいぶ広範囲に赤くなり
わずかですが出血があります。
触ると熱感があり
少し腫れが出ています。

写真2枚目。
クロモジハーブウォーターを
患部にスプレーし
コットンで軽くおさえて出血を止め
グリーンイライト(アロマフランス)を
粉のままふりかけます。

写真3枚目。
舐めないようにロンパースを着せましたが
グリーンイライトをふりかけると
痒みはなくなったようで
気にしなくなりました。

写真4枚目:翌日の朝。
腫れや赤みはほぼありません。
触ってみると熱感もありません。

写真5枚目:翌日の夜。
どこに異常があったかほぼわかりません。

クロモジハーブウォーターと
グリーンイライトコンビのいいところは
抗菌作用、抗炎症作用がしっかりあることや
塗布後すぐに痛みや痒みが引くので
わんこが傷や炎症のあった部分を
気にしなくなることです。

やっぱり最強かも!

続きはまた明日。

関連記事

  1. わんこへのクレイの使用例

  2. わんこの爪切り、血が出ちゃったらどうしてる?

  3. 犬の指間皮膚炎対策!クロモジ×クレイの最強コンビ

  4. 犬の手作り食:野菜、どうやって洗ってる?

  5. 犬の皮膚疾患にクレイバス:熟女シーズーいろは、初クレイバスの…

  6. 犬の皮膚疾患:熟女シーズーいろは18歳のお風呂シーン初公開!…

セミナー情報

最近のブログ

カレンダー

2018年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP