どうしてそんなに優しくなれるのですか?

だいぶ悲惨な運命を
辿らざるをえなかったわんこを
預かっている方に会いました。

10歳くらいの中型犬、男の子。

ケージに近寄ると顔色が悪くなるくらい
吠えて唸って一生懸命怒っています。
怒りたくもなるよね。

かなり過酷な人生を歩んできたわんこ。

預かっている方は何度も咬まれていました。

それなのに
そのわんこのかわいらしいところを探して
笑顔で話してくれます。

そして
この子の受けてきた心の痛みに比べたら
咬まれた傷なんてなんでもないと
おっしゃいます。

どうしたらこんなに優しくなれるのかな。

時間はかかるかもしれませんが
こんなに愛情を注いでもらえたら
そのわんこはもう一度人を信じて
穏やかな生活を送れるようになるかも
しれません。

最近犬を介して知り合う方は
本当にみんな優しくて、強くて
すごいパワーをもった人たちばかりです。

そんな素敵な人たちと一緒にいると
私もたくさんパワーが満ちてくるように
感じます。

わんこがみんなに優しさをくれてる。

わんこってやっぱりすごいね。

続きはまた明日。

関連記事

  1. 保護わんこのその後

  2. 保護わんこのその後のその後

セミナー情報

最近のブログ

カレンダー

2018年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP