留学のすすめ2-寮生活

娘は高校1年生の時に1年間休学して
マレーシアのインターナショナルスクールに
留学しました。

今日は寮生活についてのお話。

寮の部屋は8畳ほどの個室で
机、ベッド、ロッカー、シャワー・トイレが
ついていました。

エアコンもついていましたが
別料金だったので
うちは使用しませんでした。

本来は部屋にシャワー・トイレは
ついていないのですが
娘の留学当時、女子寮に生徒がいなくて
なんと男子寮に住むことになったのです!
(さすがおおらかなマレーシア!!)

そのため、共同のシャワー・トイレは
さずがにかわいそうだろうということで
講師用の部屋を割り当てられました。

寮には講師も一緒に住んでいたので
特に問題もなく過ごせたようです。

部屋の掃除、洗濯などは
すべて係の方がしてくてるので
生徒は勉強に専念できます。

寮ではインターネットが使用できず
メールやスカイプでのやりとりも
できませんでした。
(当時はラインやズームは
たしかありませんでした)

朝食は学校の食堂で用意してくれて
だいたいナシゴレン(炒めごはん)
ナシレマッ(ココナツミルクごはん)
ロティチャナイ(パンのようなパイのような
ナンのようなもの)
カヤトースト(パンにココナツミルクと卵が
たっぷり塗ってある甘いトースト)などと
ティー・タレッ(練乳入りあま~~~い
ミルクティ)。
(糖質ばかり・野菜ほぼなし)

昼食も学校の食堂で韓国料理かマレー料理。
(朝と同じような感じ。野菜ほぼなし)

夕食は近所の店から買ってきた
ファストフードっぽいもの。
寮の部屋に届けてくれたようです。
しかし、ジャンクフードすぎて
娘は体調不良になり
かわいそうに思ったインド人の先生が
手作りの栄養たっぷりカレーを
いつも作って食べさせてくれたそうです。
(先生、ありがとうございました)

娘の体重は1年で10kg増加。
日本人には少々きつい食生活
だったようです。
(日本に戻って、食生活が変わったら
自然に体重は元に戻りました)

日本のようないじめはなく
宗教的差別、人種的差別
性的マイノリティーに対する差別等がなく
自由で平和な学校・寮生活だったようです。

マレーシアの様子、いいところはまた明日。

関連記事

  1. 憧れのムツゴロウさんと話したこと

  2. 好きなことを仕事にするということ

  3. ノラ猫みーちゃんがスリスリしてくれた!!

  4. 留学のすすめ3:マレーシア最高!

  5. 続・本当にあったこわ~い話:マダニの恐怖

  6. 久々に絵本で泣いちゃった!感動したよ!

セミナー情報

最近のブログ

カレンダー

2018年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
PAGE TOP