熟女シーズー、究極のストレッチ開発?

19歳になった熟女シーズーいろは。
毎日何かしらできなくなり
ついに家でもオムツ生活となり
シニア犬ライフを満喫中でした。

3日前の夜中、いつもよりも激しく徘徊し
何度も転び、起こせと私を呼び
いろは魂全開だったのですが

朝、身体が右に過剰に屈曲し
起き上がれません。

斜頚を通り越し、真横に屈曲。
いろははストレッチ好きなので
また新たなストレッチを開発したのかと
思いましたが、どうも違う。

シニア犬に多く認められる
片側性末梢前庭疾患?
でも水平性や回転性の眼振はなし。
3割くらいに起きる嘔吐や食欲不振もなし。

片側性末梢前庭疾患だと
急に発症するのですが
予後は悪くないからちょっと安心。
でも、なんだか違う感じ。

原因はともあれ、出ている症状に対する
処置をいくつか行いましたが
その日はほぼ寝たきりに。

右に屈曲しすぎてうまく寝ていられないので
以前エアアジアの機内で買った
ネックピローをはめてみたら
ものすごくフィットし
頚部が安定しました。

水分はシリンジで、ごはんはお布団の中で
いろははご機嫌です。
そして、ものすごい食欲!!!

翌日、雑種犬ほへとの朝のお散歩から帰ると
いろはが玄関までお出迎え。
え?歩けるの?

でもその後また寝たきり(ほんとに?)になり
またお布団の中でごはん。

結局1日お布団の中で
うとうとしながら過ごしました。

夜、わんごはんの準備中
何やら視線を感じ、振り返ると
いろはがじーっと見ています。
「おかあ、ごはんまだ?」

え?歩いてきたの?
頚まっすぐだし!!!

処置がよかったのか
いろはの生命力の強さか
仮病だったのかわかりませんが

とりあえず、歩いています。
(たまに過剰に屈曲してます)

いつ屈曲が起こるかわからず
部屋のどこかで行き倒れて
起き上がれずジタバタして
疲れ果ててしまうのも
かわいそうなので
なんとなく長時間でかけることが
できなくなってはいますが
熟女復活しました。

~出張セミナーのご案内~
詳しくはこちらをご覧ください↓
出張セミナーについてはこちら

関連記事

  1. シーズーの保護犬ちゃん、正式譲渡となりました

  2. 熟女シーズーいろは流長生きの秘訣(その1)

  3. ちょっとした時間活用:シニア犬の筋トレ

  4. シニア犬の筋活:後ろ足編

  5. 熟女シーズーいろは流長生きの秘訣(その2)

  6. シニア犬の優しいエクササイズ、始めました

セミナー情報

最近のブログ

カレンダー

2018年7月
« 6月   8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP