裸の熟女(わんこの話です)

熟女シーズーいろは、19歳。
数々の試練を乗り越え生きてます。

酷暑のこの夏、オムツはしていますが
熟女シーズーは裸で過ごしています。

これね、すごいことなんですよ。

ここ10年くらい、熟女シーズーは
春夏秋冬、ずーっと洋服を着てきました。

ひどい皮膚疾患がいくつもあり
様々な治療を試され(私に)
好転したり悪化したりを
繰り返してきました。

1年ほど前から
西洋医学的な薬は一切やめ
食事療法のための完全手作り食に加え
クレイ、黒文字、ドクダミ、よもぎ
漢方などを利用し
今までで一番皮膚の状態が
よくなっています。
(あくまでもいろはの場合です。
投薬が必要な場合も多々あります)

それでも発作的な痒みに襲われることがあり
掻きはじめると熟女は気分が
超乗ってしまうようで
恍惚の表情で「くぅ~ん」とか言いながら
とことん掻きむしり
ほっておくと血まみれ状態に
なってしまうこともあるので
予防策のため洋服を着せていました。

そんな熟女シーズーが
今年は裸で夏を過ごしている!!
ということは、痒くないってことです。

もう、本当にびっくりなんです。
こんな日が来るなんて
思いもしなかった。

どうして裸OKになったかというと
乳酸菌生産物質(バイオジェニックス)
+乳酸菌の菌体成分を使い始めたため。
((株)ソフィア FLORA CARE)

乳酸菌生産物質は腸壁から吸収されて
腸内環境をサポートし
全身にもいきわたり
よい働きをしてくれます。

16種類の菌体成分(乳酸菌の死菌)は
腸管の免疫やアレルギーを
調節してくれます。

これを食事による腸活に
プラスしてみました。

今までにも皮膚用のサプリは
たくさん試してきました。
(飼主さんに紹介できるものを
探す目的もありました)

ですから今回も
正直言ってそんなに期待して
いなかったのですが
気が付いたら掻かなくなっていました。

身体を触ったり擦ったりすると
今までは後ろ足をパタパタ動かす
掻痒反射(痒みによる反射)が必ず
出ていましたが
今はほとんど出ません。

やはり腸管を整えるのが
様々な病気を治す基本になるのだなぁと
実感しました。

(食事療法で腸の状態を整えたことで
何年も治らなかった慢性で乾性の激しい咳は
昨年すっかりなくなりました)

18歳にして慢性の咳から解放され
19歳にして慢性の皮膚の掻痒感から
解放された熟女シーズーいろは。

まだまだいけるかな?

現在はいつ起きるかまだタイミングの
つかめない、頚の屈曲に悩み中ですが
熟女シーズー、究極のストレッチ開発?

ちょっとくらい悩みがあったほうが
生きる気合が入りますからね!

乳酸菌生産物質については
また詳しく書かせていただきますね。
興味ある方は会った時に聞いてね!

~出張セミナーのご案内~
詳しくはこちらをご覧ください↓
出張セミナーについてはこちら

関連記事

  1. シニア犬用トイレの工夫

  2. 初めてのおねしょ

  3. シニア犬のお留守番:安心サークル

  4. シニア犬グッズの買い物!ベビー用品売り場でウキウキ。

  5. 熟女シーズー、究極のストレッチ開発?

  6. 熟女シーズーの1日の過ごし方

PAGE TOP