犬の骨肉腫ってどんな症状?:熟女シーズーの病気

今日は骨肉腫の症状についてお話します。

まず、飼主さんがどんなふうに
わんこの異状を感じるのかについて。
四肢に発生した骨肉腫の場合です。

前足または後ろ足を
・地面に着かない。
・痛がる
・腫れてくる

こういう症状って、結構経験しますよね。

ドッグランで遊んだ後や
ちょっとハードなお散歩の後
家の中ではしゃいで走り回った後
階段やソファーから飛び降りた時など。
関節や筋肉を少し痛めてしまったと
いうような場合は
日が経つにつれ痛みや腫れは
通常和らいでいきます。

でも、骨肉腫の痛みや腫れは
治っていかずに悪化していきます。
様子を見ているうちにどんどん
症状が進行していく感じです。

(痛み止めなどで、一時治ったように
錯覚するかもしれません。)

そして、この骨肉腫の痛みは
かなり激しいです。

私は経験したことがないので
表現するのが難しいのですが
骨折を四六時中繰り返しているような痛み
四肢が引きちぎられるような痛み
車に轢かれ続けるような痛み
なのではないかと思います。

とにかく痛いのです。

骨肉腫だと診断されたらすぐに
断脚(前足は肩から、後ろ足は股関節から
切り取ってしまう手術)をすることも
多いです。
(切り取れない場所にできる骨肉腫も
あります)
診断時にはすでに肺に転移している場合が
多いので、断脚は骨肉腫を治すためではなく
凄まじい痛みを無くすために行う処置です。
断脚を行わない場合ももちろんあります。

抗がん剤や放射線による治療や
骨が溶けてしまうのを遅らせる治療を
行うこともありますし
上記の治療を行わずに痛みのみ
コントロールすることもあります。
発見時の犬の状況や進行具合によって
対処方法は様々です。

また、骨肉腫のできた場所によって
予後も異なります。

とにかく、激しい痛みを伴う腫瘍なので
わんこに辛い思いをさせないことを
第一に考えたいですね。

私も死ぬほど考えました。
今も考え続けています。

熟女シーズーは自分が骨肉腫という
病気になっていることを
知りません。
こういう治療にしてほしいとか
要求することもありません。

余計なことを考えず
ただ、今を精一杯生きています。

どうしてあげたらいいのかを
考えて行動するのは飼主です。
辛いけど、それが飼主の役目です。

何を考え、どうすることにしたのか
次にお話しますね。

関連記事

  1. 熟女シーズーより愛をこめて

  2. シニア犬&闘病中・熟女シーズーの食欲:肉を塊でよこせ~

  3. わんこの火葬あれこれ:松本市と藤沢市の違い

  4. 犬の骨肉腫:熟女シーズーの治療法、悲しいけど笑いましょう

  5. 骨肉腫ってどういうこと?熟女シーズー、これが最後の試練

  6. 熟女シーズーの左前足にはびこる、骨肉腫って何?

セミナー情報

最近のブログ

カレンダー

2018年10月
« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP