大切なお知らせ

大切なお知らせ

「犬のクリニックそら」を現在の藤沢駅近くに開院して4年経ちます。
今の治療を4年続けている間に、多くの犬たちが来院し、
飼い主様と公私にわたりたくさんの話をしました。
また、内海聡医師の精神構造分析や波動療法(メタトロン)、
鷲巣誠獣医師の光の治療法を学び、
以前よりももっと明確に確信したことがあります。

「犬たち(他のどうぶつ達も)の不調は、
飼い主の思考・感情の影響を受けてしまうことで起きている」

つまり、犬の病気の原因のほとんどは、飼い主にあります。

飼い主の怒り・悲嘆・罪悪感・孤独・嫉妬・妬み・恨み・不安などの負の感情エネルギーは、
犬たちにダイレクトに伝わり、共鳴します。
中には、飼い主の負の感情を和らげるために存在しているような子もいますし、
飼い主の身代わりになって病気になることに喜びを感じているような子もいます。
それでいいのでしょうか。

こういうことをお伝えした時の反応は、怒る、泣く、納得するなど様々ですが、
怒る方が一番わかっているし、気づいていると思っています。
「もしかしたら」と不安に思っていたり、「そんな訳ない」と感情を押し殺している場合、
それを指摘されるとだいたいの人がひどく怒りますから。

怒ったり、悲しんだりしていても、何も変わりません。

飼い主自身が、自分の愚かさに気づき(私も愚かな飼い主のひとりです)、
自分と真剣に向き合い、自分のありのままを受け入れることで、
犬たちは楽になっていきます。

私がこのまま、月に一回(場合によってはもっと密に)来院する犬たちに
表面上の治療(飼い主様のいろいろには触れない治療)を行っても、
一時よくなるだけで、結局同じ症状を繰り返してしまう犬が多いように思います。

犬たちを治療するだけでは、根本的な解決にならないばかりか、
飼い主様の依存さえも生んでしまう。
来院する犬たちの表情を見るたびに、そんなことしかできない自分が情けなくなり、
自分に怒りを感じてきました。 
 
以下は、ホームページに記載してある、「犬のクリニックそら」の理念です。
・飼い主様と犬との絆を深めていくために、両者の気持ちを常に考えながら行動する
・飼い主様と犬を精神的・肉体的に支え、寄り添うことで、両者が笑顔で幸せに過ごすお手伝いをする
・犬と通して飼い主様どうしの繋がりを広げ、共に学び、助け合い、気持ちを共有できるコミュニティを作る

これを本当の意味で実現するためには、私自身がしっかりした軸を持ち、ブレないことが重要です。
そのため、今までの「犬のクリニックそら」は2023年8月をもって、閉院することにいたしました。
突然のご報告になってしまい申し訳ありません。

1か月後か2か月後には、新しいかたちのクリニックをスタートいたします。
詳しい内容は後日お知らせいたします。

こんな訳のわからないことを言うクリニックには、もう通院できない、という飼い主様は、
どうか今のうちから別の代替療法の病院をお探しください。ご迷惑をおかけして申し訳ありません。
自分が変わることで、犬と今までよりも快適に暮らせる!という考えが持てる飼い主様、
自分を見つめなおし、本気で犬と向き合いたいという飼い主様は、
必ず戻りますので、少し待っていてください。

今までありがとうございました。
それではまた!

2023年7月31日
犬のクリニックそら
笠原理絵

PAGE TOP